• 医院情報
  • 0480-93-7001
  • 埼玉県白岡市|診療予約|おがわ歯科クリニック

歯が痛い・しみる~一般歯科~

削る治療からなるべく削らない治療へ~総合歯科~

削る治療からなるべく削らない治療へ~総合歯科~

埼玉県白岡市の歯医者「おがわ歯科クリニック」では、虫歯治療において最も重要なのは、虫歯の原因を取り除いて虫歯の進行を止め、健康な歯を一生涯使うことだと考えています。歯科医療の常識は日進月歩で変化しており、これまで、虫歯を治療するにはとにかく歯を削って虫歯菌の感染を防ぐことが重要だと考えられていました。しかし、このような健康な部分まで余計に削るリスクを無視した考え方は、現在では問題視されています。当院では、進行してしまった虫歯に対してのみ歯を削る処置を行います。その際も削る量をなるべく最小限に抑え、歯に与えるダメージを極力減らして虫歯の再発を防ぐ「低侵襲」の方針を取っています。

虫歯の症状と治療法

虫歯の症状は、進行の度合いによってCO(シーオー)からC4(シーフォー)まで段階的にわけられています。

虫歯の症状と治療法 初期段階です。虫歯菌によって歯の表面にあるエナメル質がわずかに溶かされているだけで、まだ痛みや知覚過敏といった症状は出てきません。見た目にもあらわれにくいので、ご自身ではなかなか気づくことができません。この段階では、適切な歯みがきやフッ素塗布で治癒する可能性があります。
虫歯の症状と治療法 COからさらにエナメル質が溶かされ、大きく穴が開いた状態です。冷たいものが染みるようになります。また、穴が空いた箇所が黒っぽく変色しはじめ、見た目にも変化があらわれるようになります。この段階では、虫歯菌が感染した箇所を削ったり、虫歯菌によって空いた穴をレジン(歯科用プラスチック)で埋める処置を行います。
虫歯の症状と治療法 C1からさらに進行し、エナメル質の内側にある象牙質まで溶かされた状態です。象牙質が露出したことでより刺激が神経にまで伝達されやすくなり、冷たいものがしみる場合もあります。この段階では、虫歯菌が感染した箇所を削り、詰めもので蓋をする処置を行います。
虫歯の症状と治療法 象牙質の内側にある神経まで虫歯菌が到達した状態です。歯冠部の大部分が溶けてしまい、神経が露出しているため何もしていなくても激しく痛みます。この段階になったら、虫歯菌に感染した神経を取り除く根管治療根管治療を行い、被せもので歯の機能を回復させる治療を行います。
虫歯の症状と治療法 完全に歯冠部が溶かされてしまった状態です。神経も壊死してしまうため一時的に痛みはなくなりますが、歯周組織の炎症が進むにつれて膿が出るようになると再び激しく痛みます。この段階になると、歯を残すことが難しいこともあります。どうしても保存出来ない場合は抜歯になり、入れ歯やインプラントなどで歯の機能を回復させる治療を行います。

アフターケアを忘れずに

アフターケアを忘れずに

虫歯の進行を防ぐには、早期発見・早期治療が欠かせません。早い段階で気づくことができれば、虫歯を治療して歯を残すことは十分に可能です。しかし、早い段階で虫歯治療をしてもまだ安心することはできません。虫歯は非常に再発しやすい病気だからです。一度虫歯治療をした歯が再び虫歯になってしまうことを「2次う蝕」「2次カリエス」と言いますが、虫歯治療に使用した詰めものや被せものと残った歯の間は歯みがきではキレイにしづらく、虫歯再発の原因箇所になりやすいのです。

虫歯の再発を防ぐためには、虫歯ができる原因をひとつずつ取り除いていくことが重要です。まず患者さんご自身の生活習慣を見直していただき、虫歯のリスクを高める行いを控えるように意識を変えていきましょう。次のような生活習慣を繰り返している方は要注意です。

  • 甘いものやお酒が大好きで、無計画に飲食してしまう
  • 飲食したあと、歯みがきをせずに寝てしまうことがある
  • 歯みがきにほとんど時間をかけない(1回5分未満)

まずは、心当たりのある生活習慣から改善していきましょう。その上で、正しい歯みがきの方法を知り、アフターケアに力を入れていくことも大切です。埼玉県白岡市の歯医者「おがわ歯科クリニック」では正しい歯みがきの方法の指導もしておりますので、お気軽にご来院ください。

診療予約はこちらから

back to top