• 医院情報
  • 0480-93-7001
  • 埼玉県白岡市|診療予約|おがわ歯科クリニック

歯の根の治療~根管治療~

健康な歯をなるべく残したい~根管治療~

健康な歯をなるべく残したい~根管治療~

埼玉県白岡市の歯医者「おがわ歯科クリニック」では、重度の虫歯には根管治療を行っています。虫歯が進行すると、激しい痛みを伴うようになります。その痛みは、虫歯が神経に到達した証拠です。こうなると初期治療だけでは症状を抑えることができません。痛みと神経を取り除く「根管治療」が必要になります。

重度の虫歯には根管治療

重度の虫歯には根管治療

根管治療では、感染した組織を神経ごと取り除き、その後に空洞になった歯の根管を洗浄・消毒してから薬剤を詰めて細菌の再繁殖を防ぎます。最後に歯の土台を入れて被せものを装着して、歯の機能を回復させて治療は終了です。

根管治療の重要性

根管治療の重要性

根管治療は、歯を維持するための重要な基礎治療です。建築でも基礎工事がしっかり行われていないと丈夫な家屋が建てられないように、根管治療がしっかり行われていないとどんなにキレイな被せものを入れても長くは保ちません。生涯使い続ける歯を維持するために、根管治療は重要な治療のひとつなのです。

マイクロスコープで精密な治療を

マイクロスコープで精密な治療を

根管の内部は非常に複雑な構造になっており、肉眼では確認することができません。そのため、根管治療を担当する歯科医師には、高度な技術と知識、そして豊富な経験が求められます。埼玉県白岡市の歯医者「おがわ歯科クリニック」では、これまでに数多くの根管治療を成功させてきた実例があるほか、学会にも積極的に参加しているため、科学的根拠に基づいた最新の歯科医療のご提供が可能。なお、日本顕微鏡歯科学会の認定医を取得しています。また、根管内を拡大できる最新鋭のマイクロスコープを導入しているため、安心で確実な治療が行えます。当院では、マイクロスコープを用いて、これまで多くの患者さんの歯の維持を実現してきましたが、この結果はマイクロスコープなしでは成し得ません。

根管治療の流れ

ラバーダムを装着

ラバーダムを装着

ラバーダムは、施術で舌や頬の粘膜など治療部位以外の箇所を傷つけないように装着するゴム製のシートです。また、患部を薬剤や細菌から守ったり、リーマーやファイルといった小型の医療器具の誤飲・誤嚥を防いだりと、より安全な根幹治療を実現します。

神経を除去

神経を除去

虫歯菌に冒された神経を除去します。

洗浄

洗浄

神経を取り除いて空洞になった根管を薬で洗浄します。除去しきれなかった組織に虫歯菌が残っていると再発する恐れがあるため、細かな部分まで徹底的に消毒し、殺菌します。

根管充填

根管充填

根管内部に細菌が入り込まないように樹脂を充填し、根管を封鎖します。

土台・被せもの

土台・被せもの

土台から型を採取して、被せものを入れます。必要に応じて、マイクロスコープを用いた精密な外科歯内療法を施すことが出来るのも当院の特徴です。

診療予約はこちらから

back to top